ギリシャオリーブオイル(500ml)
5e574df3dee1bc46bf87d6d9

ギリシャオリーブオイル(500ml)

¥1,299 税込

送料についてはこちら

「ギリシャ レスボス島のオリーブオイル」 地中海の東端にあるレスボス島で獲れたオリーブを、無添加で、熱を一切加えずコールドプレス法で製造。ライトでクセがないとの高い評価を受けています。 地中海の東端、トルコ沿岸に近いギリシャ3番目の島、レスボス島。  島は全面オリーブの木でおおわれ、その数は千万本を超え、年間を通して雨が少なくオリーブの生産量はギリシャで2番目。  レスボス島は古くからイスラム・トルコによる占領が繰り返されてきた歴史をもち、その影響もあって産業が育たず、現在、島の唯一の産業が「オリーブ」関連なのです。 島のオリーブはイタリア・フランスなどヨーロッパからのバイヤーによって安く買い付けられてきた歴史があり、それらのほとんどは「イタリア産高級オリーブオイル」などとして他国ブランド化され、ヨーロッパ・アメリカへと売られていっていました。    1930年、島のメインの収入源であるオリーブを「適正な価格」で販売しようと組織されたのがレスボス島農業協同組合です。 それまでイタリアやフランスのバイヤーによってバラバラに安く買い叩かれてきたオリーブオイルの値段は、農業協同組合が自ら組織することによって独自ブランドとして自主販売ルートを開拓し、適正な価格での安定販売を維持できるようになっていきました。  また、生産農法においても不必要な農薬の使用が止められ、農民の健康や島の自然環境が減農薬農法によって保全される方向へむかっています。   地中海のオリーブの中では軽くてクセがないと高い評価を受けていて、雨が少ない気候から香りが良く、色づきが黄金色で美しい、「最高級地中海オリーブオイル」として人気があるそうです。  このオリーブオイル、オリーブの収穫は秋、オイルの製造は毎年2月頃には終了し、収穫時期には子供から老人まで島民総出で収穫作業が行われています。  オイル製造は、地域毎にある製造場で行われ、以前は石臼で搾り取る方法で行われていましたが、近年はコールドプレス機での圧搾法(圧力をかけて油分を搾りだす原始的な方法)によって製造されています。   クセがなく黄金色に輝くエキストラバージンオリーブオイル、是非お試し下さい。    原材料:食用オリーブ油(ギリシャ)