NEWS

サシを重視しない牛肉 自社農場で草中心で育てた「健康赤牛」

つくることの大変さを学び、自らの生産物を自ら流通することで「生産することを大切にする仕組み」を見出していきたいと考え、ORGANIK-ORGANIKグループは2005年に熊本県菊池市に菊池農場を立ち上げました。

初代農場長は、グループのスタッフで農業・畜産はまったくの素人でした。はじめて飼った牛6頭(黒毛第一交配種)は、慣行の飼育法にのっとって、見よう見まねで飼い始めました。

通常の肉牛はできるだけ太らせようとトウモロコシや麦などの穀物を大量に食べさせます。
平均24ヶ月飼育のうち、後半の12ヶ月は脂肪(サシ)を入れるためにビタミン類はまったく食べさせないのが普通です。
慣行の飼育をそのままに真似た結果、最初の6頭はビタミン欠乏症になってしまいました。

慣行飼育は「脂肪(サシ)重視」のため、牛の健康(自然摂理)に反して濃厚飼料(とうもろこし等)を多給し、ビタミンA(稲ワラ・草)を人為的に欠乏状態にしているため、出荷直前のほとんどの牛が「肝機能障害―全盲」の状態にあり、そのために、病気ウイルス侵入に対する口腔内皮膚粘膜の抵抗力もなくなっていると言われています。
ビタミンAは網膜や皮膚、ベロ・口腔粘膜などをつくるのに必要な栄養分です。
しかし、ビタミンAを給餌すると「サシ」が入らなくなるため、一般の飼育牛はビタミンAをカットします。
一般飼育牛の出荷直前の粘膜を顕微鏡で見ると、ゼリー状の絨毛(絨毯の毛)が普通よりも半分近く短く薄くなっています。
これは、病気ウイルス侵入に対して抵抗力がなくなっている現象と考えられています。

ビタミン欠乏症の牛をつくってしまった私たちは2つのことを考えました。

1. 牛は健康に飼ってあげたい。健康な牛を食べるほうが人間にとっても良いことに違いない。
2. たとえ体重が少しくらい増えなくて、サシが入らなくても、牛が本来食べる草や稲ワラをたくさん食べさせてあげたい。穀物飼料はできるだけ減らしたい。

この2つを基本とする飼い方で健康に大きくなってくれる牛を探した結果、九州・阿蘇地方で昔から飼育されていた四大和牛の一種、褐毛(あかげ)和種にたどり着き、「健康あか牛」と名付けました。

健康あか牛は「サシ」を重視せず、牛本来の健康な肉質をつくろうと、牛の摂理にあった草や稲ワラなどの「粗飼料中心」で飼育することで牛の胃内には多数の微生物が育成され、抗生物質の投与も必要なく、日本の中で最も健康に育った牛と言えます。


赤身がおいしく、深みがあり、でもさっぱりとした牛肉本来の味。
「こんなに肉の味がする牛肉ははじめて」と評判です。
是非、一度ご賞味ください。